初心者の為のアフィリエイト入門&用語解説

アフィリエイトについて
  ※分からない単語は用語解説をご覧ください。

まずアフィリエイトとは何なのかについてご説明します。
一言で言うと、ウェブ上の広告です。
元々アフィリエイト(affiliate)は「提携する」という意味の言葉で、企業と提携して広告を掲載し、その広告ごとに決められた結果が得られると報酬が発生します。


アフィリエイトの仕組み
企業は自社の商品やサービスをより多くの人に利用して貰いたい訳ですが、その為には宣伝をして売り込まなくてはなりません。その際、ネット上でチカラを発揮するのがアフィリエイトなのです。
仕組みは至ってシンプルで、企業と直接的または間接的に提携をした人が、その企業が売り出したい広告を宣伝します。そしてその広告において、「購入」などの決められた成果を上げる事で、紹介料として広告ごとに決められた報酬が支払われる訳です。「決められた成果」については、その広告の報酬形態によって異なりますので、詳しくは用語解説にある報酬形態をご覧したさい。

貴方が企業に変わって商品やサービスを宣伝をする事により、企業は宣伝効果で売り上げアップに繋がり、貴方は収入を得られ、双方に利益が生まれます。
つまりアフィリエイトとは、実はとても身近なインターネットビジネスな訳です。


どうやって始めるのか
アフィリエイトを行っている企業と提携する事で誰でも始められます。

一般的なのはASPサイトの仲介を経て間接的に提携する方法です。既にそれぞれのASPと提携している企業が非常に沢山あるので、一つのASPに登録するだけでも多くの企業との提携が可能になります。故に、アフィリエイターの方は大抵ASPに登録しており、とにかくASPにさえ登録すれば誰でも簡単にアフィリエイトが始められます。

直接提携をする場合は、直接アフィリエイトを行っている企業が少ないので、物販か会員登録の成果報酬型が殆どになり、広告が絞られてしまいます。更に会員登録の場合だと、大抵が「そのサイトへの登録」という一つの広告しかなく、いくつも広告を載せたい時は、一つずつ登録して行かなければならず、管理にも手間が掛かります。
ですがその分メリットもあり、仲介が無い分ASPより報酬が高い又は高くなる場合があったり、サイトを持っていなくても紹介用のURL(アドレス)を宣伝するだけで手軽にアフィリエイトが出来るサイトもあったりします。
有名な所ではAmazonや楽天の物販系が挙げられます。会員登録系は、知っている中では、お小遣いサイト出会いサイトなどがあり、登録さえすればサイトのコンテンツを利用しなくてもアフィリエイトに参加できます。

どちらの方法もそれぞれ良い所があるので、自分に合ったサイトを見つけてください。
アフィリエイトが可能なサイトは、今後このサイトでも紹介していく予定なので是非チェックしてみてくださいね。


どこに広告を掲載すればいいのか
それは人の目に触れる所、つまりメディアとなる媒体です。
具体的にはホームページやブログやメールマガジンなど、今だとツイッターでもアフィリエイトのできるASPもあります。ただし登録には、ホームページかブログを持っていないといけません。メルマガで登録できるとこも中にはあります。
でも、そのどれも持っていない、という方もいらっしゃるでしょう。サイトを作るのは大変で難しそう、という印象を持たれているのではないでしょうか。確かに、一からホームページを作るのは結構な労力がかかります、初めてなら尚更です。
そんな時には無料ブログがお勧めです。登録や管理が簡単なので初心者の方でも手軽に始められます。中でも管理人のオススメは、カスタマイズの自由度やSEOの観点から見て、管理人も使っているSeesaaブログか、FC2BLOGが良いですね。


安全なのか
「アフィリエイトの仕組み」でも述べた通り、アフィリエイトはビジネスとして確立しており、ネズミ講やマルチ商法などの様な怪しいシステムではないので安全です。アフィリエイトを騙った悪徳サイトがないとも言い切れませんが、少しおかしいと思ったサイトには手を出さず、実績のある大手を選べばまず問題ないでしょう。判断するポイントは実績です。
少なくともこのサイトで紹介するサイトは、管理人が下調べをし、大丈夫だろうと判断できてから実際に利用しているサイトなので安心してご利用ください。

また、リスクの面からも安全なビジネスだと言えるでしょう。
何故なら、アフィリエイトを行うにあたり、一切お金を支払わなくてもよいからです。ASPや企業との提携で金銭を請求される事はなく、出費があるとしても独自ドメインの取得や有料サーバーをレンタルする場合くらいです。
誰でも完全に無料で始める事ができ、途中で投げ出したとしても失う物はそれまでの手間くらいなので非常に低リスクです。むしろ、それなりに形になったサイトを作っていれば、放って置いても成果につながる可能性があるので、かけた手間も無駄にならない可能性だってあります。


アフィリエイトを行うメリット
それはもちろん広告収入を得られる事でしょう。趣味でやっているサイトや日記代わりのブログが収入を産んだら嬉しいですよね、興味本位で始めたけどそのおかげで副収入が手に入るようになったら嬉しいですよね、これがアフィリエイトのもっとも分かりやすい魅力であり、そして本来の目的です。
それに、安全で低リスクなビジネスである事や、無料で始められ、いつでも辞められるので、誰でも気軽にチャレンジできるというのもメリットの一つでしょう。

ですが、実はアフィリエイトを行う魅力はそれだけではありません。
広告であるからには、時には自分が心動かされて消費者になってしまう事があってもおかしくないですよね。
そんな時、それぞれの広告にもよりますが、なんと広告掲載者本人が利用した場合でも成果報酬の対象になるのです。
例えば、成果報酬額が購入額の10%、というショップと提携していたとします。そのショップに欲しい物があり自分の貼った広告から購入すると、自分の購入額の10%を報酬として受け取れる訳です。
言い換えれば、欲しい商品が10%引きで買えてしまう事になりますよね。こういった「本人申し込み」システムも、アフィリエイトのとても大きな魅力となっています。



用語解説

ASP とは
Affiliate Service Provider(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)の略称で、アフィリエイト広告の仲介会社の事。アフィリエイター(アフィリエイトをする人)と、スポンサーである企業との仲介を行う。
ASPサイトへの登録がアフィリエイトのもっともありふれた手段。


ECサイト とは
広告の掲載を依頼している側。スポンサー。広告主。
マーチャントとも言う。


ティア(TIER) とは
紹介制度の一種、自分の紹介者(自分の紹介用アドレスから登録した人)の報酬発生額の何%かが紹介報酬としてASPサイトより支給される。それにより、紹介された者の報酬が減る事は無い。
一般的に、紹介した人を「親」、紹介された人を「子」、子に紹介された人を「孫」と呼ばれる。例えば3ティアなら、親は孫の成果に対しても報酬が受け取れる。
※何%かは各サイトにより異なる。


外税 とは
報酬の支払いに消費税が付与され、報酬受取時に5%の消費税も追加で受け取れる。
つまり、「実際に振り込まれる金額=振込申請額×1.05」になるという訳です。
振込額が小さいうちはたいした差になりませんが、額が大きくなったり消費税が10%に上がったりしたら結構大きな差になるので案外バカになりません。


報酬形態

成果報酬型 とは
最も多い基本的なタイプのアフィリエイトで、広告を掲載した商品やサービスに、購入、登録、申し込み、などのアクションがあった時に報酬が発生する報酬形態。


クリック報酬型 とは
掲載した広告がクリックされる毎に報酬が発生する報酬形態。
クリック課金、クリック保証型とも言われ、1クリックあたりの報酬額をクリック単価と言う。


記事掲載型 とは
ブログ等で指定の商品やサービスを紹介した記事を書くだけで、承認されれば報酬が発生する報酬形態。
すぐにそして確実に報酬を得られるのが特長。
だがこれだけではその後報酬につながる事がないので、成果報酬型と組み合わせられる広告を優先的に選ぶと良いだろう。
ブログ記事型など色々な呼ばれ方をされる。
posted by ゆーえいち at 2011.03.24 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/192319035

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。